乳幼児のアレルギーや食物アレルギー、アトピー、ぜん息の治療は岐阜県各務原市の小児科「YUKIこどもクリニック」へ。

お子様のアレルギー アトピー ぜん息 食物アレルギー 鼻炎の事ならYUKIこどもクリニックに お任せ下さい

こんな症状には注意!

アレルギーの病気の種類

  • アトピー性皮膚炎
    アレルギーによる免疫反応と皮膚機能の異常 (乾燥肌によるバリア機能の低下) が重なって、治りにくい湿疹ができるのが、アトピー性皮膚炎です。 赤ちゃんの場合、頭や顔などを中心に、じくじくした発疹が繰り返し出て、やがて全身に広がっていきます。かくと症状は悪化してしまいます。
    乳幼児のアトピー性皮膚炎は食物による原因が全体の約70%と、非常に高い割合となっています。 ただし、皮膚が生まれつき弱く、発症しやすい体質のお子様もいらっしゃいます。 また、生活環境による外的要因もありますので、一概に食物が原因と判断することは非常に危険です。 お子様に少しでもアレルギーの兆候が見られた場合は、速やかにお近くの専門医にてご相談ください。

  • 食物アレルギー
    食べ物が原因でアレルギーになるのが、食物アレルギーです。腹痛・嘔吐・じんましん・唇のはれなど、症状はさまざまです。卵・牛乳・小麦が3大原因 (アレルゲン) といわれています。
    乳幼児期は、鶏卵・牛乳・小麦の「3大アレルゲン」が原因となりますが、 成長とともに鶏卵・牛乳のアレルギーはなくなる傾向にあります。6歳以上ではソバ・エビ・小麦が原因の上位になり、摂取食材の広がりに伴って原因食物の種類が拡がっていくようです。患者数は0歳児がピークで、以降急激に減っていく傾向にありますので、3歳までには食物除去を解除できる症例が多くなります。

  • 気管支ぜん息
    空気を肺におくる通り道の気管支に出るアレルギーの病気が、気管支喘息です。症状は呼吸困難をともなう発作が繰り返しおきることで、発作のときには「ヒューヒュー」という特徴的な呼吸音がします。小児の気管支喘息の患者様の9割にダニアレルギーが認められると言われています。

  • アレルギー性鼻炎
    鼻のアレルギーで、喘息のお子様の半分以上が併発しています。 症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりで、お子様の場合、鼻こすりが特徴的に見られます。原因は、ほこり、スギ花粉などです。近年、発症が低年齢化してきておりますが、スギ花粉症では早くて4歳頃から、一般的には7歳頃から明らかになると言われています。

院紹介


診療時間
クリニック名YUKIこどもクリニック
所在地〒504-0814
岐阜県各務原市蘇原興亜町4丁目6-23
電話番号058-389-8395
予約番号050-5305-1035
診療科目小児科 ・ アレルギー科
健康診査保健指導 ・ 各種健康診断
予防接種有※木曜日 ・ 金曜日の午後2:30~3:30<予約制>
院長名小林 由季
専門医社団法人 日本小児科学会認定 「小児科専門医」
社団法人 日本アレルギー学会認定 「アレルギー専門医」
社団法人 日本小児科医会 「地域総合小児医療認定医」
診療時間午前 9:00 ~ 12:00 / 午後 3:30 ~ 6:30
※土曜日の午後の診療は 1:00 ~ 4:00 となります。
休診日水曜日 ・ 日曜日 ・ 祝日